こだわりのある家づくりが希望で、家に対する想いこだわりをじっくりと話合いながら、設計士と一緒に創り上げていきます。

ハウスメーカーでいうところのオプションを数点選んで『注文住宅・自由設計です。』 とする事とは訳が違います。高い満足感を得られる 『成功した家づくり』 にする為のお手伝いをしたいと思っています。

まだまだ 多くの方は、設計事務所の建てる家は、『価格が高い』 と思われ、設計事務所は、初期の段階で家づくりの選択肢から消えてしまいます。

しかし工夫次第では、ローコストで『こだわりの詰まった家』を造る事が出来ます。予算の少ない方こそ相談して頂きたいと思います。

実際、翔・住空間設計で設計させて頂いているお客様は、低予算でも 設計打合せを繰り返し、工夫して建築費を抑えながら 家づくりを楽しんでおられます。(家の質を下げるという意味ではありません。)

『世界にひとつしかない、こだわりの家
を一緒に創りませんか。



こだわりの家

お客様の『こだわり』を写真でご紹介。

ブログ 『こだわりの家づくり』 でも
紹介してます!是非、ご覧下さい。


建築設計事務所というと設計図面を書くだけとイメージされる方が多いようですが、基本的には設計監理の両方を行ないます。

設計事務所は、施主の代理人となりますので、監理は 施主様に代わって、工事が設計図通りに行なわれているか 現場に足を運び仕上りや納まりなどをチェックするもので、建物の完成度を 左右する重大な仕事です。
ですから、欠陥住宅などありえません。
※竣工後、施主様に 監理報告書 を提出しています。


設計・施工一貫のハウスメーカーと工務店は、それぞれの施工部門又は現場監督が 監理しますのでその場合、現場寄り(利益重視)で建設会社の都合の 良い監理とならないように 第三者的にチェックする仕組みになっているか要チェックです。

設計事務所は、設計・工事監理以外にも、見積りや工事請負契約書などの内容のチェック
施工業者の選定など建主の立場で家づくりを最後までフォローします。

設計図面の例  監理報告書



翔・住空間設計では、最初のステップである土地探しからお手伝いをしております。

『住環境、予算、敷地広さ』
等、お客様のご要望をお聞きし それに見合った土地を お探し出来ます。販売目的ではありませんので もちろん無料です。

初めての家づくり
の場合、土地(更地)を見て その場所にどれ位の大きさの建物が建ってどんな間取りの家が出来るかわかりませんよね。

私共では、実際に気に入った土地を見させて頂き、法的規制や土地の購入以外に 掛かる 工事など建築士から見た土地の感想所感をお伝えします。 その後、家に対する ご要望をお聞きし プランをする事が可能です。

お客様にとって最適で最良である土地を計画初期の段階よりパートナーとなり一緒に探す事が出来ると思いますのでお気軽にお問合せ して頂けたらと思います。





その部屋の感じ空間イメージは、二次元である平面図面ではなかなか分かり難いものです。

設計士は、今までの現場の経験等で 提案した建物のイメージが頭の中にありますが、それをお客様に伝えなければ 設計士主導の家づくりとなってしまいます。

ですから、お客様に分かり易いように コンピュータグラフィックによる完成予想パース模型を作成し、色目空間の大小を確認して頂いております。

『何かイメージしたものと違う・・・』
『こんなはずではなかった・・・』

『自分の想いが伝わっていない・・・』
ということの無い様にする為の提案方法です。

家が建て終わるまでどんな家が建つか分からないなんて不安ですからね。『成功した家づくり』 をする為の提案です。

 
提案方法と実際に ご提案させて頂いた
模型をご紹介しています。


近年、施工不良などが原因で生じる欠陥住宅に関するトラブルが、大きな社会問題になっています。

人生の中でもっとも大きな買い物であるマイホームに重大な欠陥があっては大変です。そこで、マイホームの工事全体について、豊富な専門知識と経験を持った専門家がきちんとチェックすること、すなわち 『工事監理』 が重要になってきます。

工事監理業務とは、建築主と『工事監理業務委託契約』を結んだ工事監理者(建築士)が建築主に代わって現場に出向き、設計図どおりに工事が行なわれているかを確認し、欠陥の発生を未然に防ぐ為に行なう業務です。

右の写真は、断熱材(グラスウール)が間違った入れ方で施工されています。断熱材は大工さんが入れますが、正しい施工の仕方を知らない大工さんが居るのも実情です。

このような施工では、期待する断熱性能は得られないばかりか、内部結露の原因にもなりかねません。
断熱材は、建物が出来上がってしまうと見えなくなる部分ですので、しっかりチェックしたい部分です。

結露の話

↑何がおかしいか判りますか?↑

最近、テレビなどで現場を紹介する場面をよく見ますが、こんな断熱材の入れ方をしている現場も多々あります。



| Top | こだわりの家づくり | 良家づくり | 設計から完成まで | 設計実例 | 間取りの考え方 | お問合せ | BLOG |


愛知県安城市の一級建築士 設計事務所

愛知県の設計事務所、「翔・住空間設計」