設計料とは施主の希望こだわりを詰め込んだプラン(設計図)を完成させる設計の仕事と その設計図どうりに工事ができているか監理する設計監理業についての報酬です。

一般的には 設計事務所に依頼すると設計料分が高くなると思われがちですが、工事を行う建設会社数社に見積もりを出す 見積り入札等を行い、建築業者から出てきた見積りチェック価格交渉を施主に代わり行い、適正な金額で建築できます。

ハウスメーカーなどに依頼すると、お客様と工事会社との一対一の関係になり 何も分からない内に 進んでいったりしますが 設計事務所がパートナーとなれば 施主様の代理となり動きますのでプロ目線で 見積りチェック設計監理を行い、工事会社の言いなりになる事もありません。

「設計料無料」
という住宅メ−カ−等もありますが設計にかかった費用は経費や利益に含まれているのが実情です。



翔・住空間設計では、設計監理料を建築工事費から算出するのではなく 建物の大きさにより算出しております。

なぜ、建物の大きさで設計料を決めているかと言うと、建築工事費から算定すると材料の選び方により設計料が増減する為です。例えば、世の情勢による建材高騰で 『材料費が上がる』 だったり 『キッチンのグレードを上げる』 『内装材のグレードを上げる』 などすると 建設費が上がり、それに連動して設計料金が上がるという事になります。

設計の契約をして設計が始まり設備機器仕上げが変わって後から設計料を追加請求されるという事もよくある話です。
設計としては、建材費が上がったり、設備・仕様のグレードが上がって設計業務が増えるなんて事はありません。

お客様には、『予算』 がありますので 後からの追加請求は困ってしまいますし、工事中の変更も躊躇されてしまいます。ですから、翔・住空間設計では、建物の大きさで設計料を設定しており、契約後の設計変更に伴う追加料金は頂いておりません。

そうする事により お客様の 予算の管理もし易いですし、後からの追加料金を心配せずに家づくりをする事が出来ます。


【業務報酬表】 新築木造住宅の場合
施工面積
目安となる業務報酬料(税抜)
(設計業務・監理業務・確認申請提出)
〜100u
165万円〜195万円
〜120u
175万円〜210万円
〜130u
185万円〜225万円
〜140u
195万円〜240万円
〜150u
205万円〜255万円
〜160u
215万円〜270万円
〜170u
225万円〜285万円
〜180u
235万円〜300万円
〜190u
245万円〜315万円
〜200u
255万円〜330万円
※申請手数料(印紙代)は別途費用になります。
※建築確認申請以外の申請・許可等は別途費用が必要になります。


設計監理料につきましては、建物の規模、構造や条件により異なりますので 問合せフォーム、若しくはメールでお問合せください。


メールはこちらから







| Top | こだわりの家づくり | 良家づくり | 設計から完成まで | 設計実例 | 間取りの考え方 | お問合せ | BLOG |


〜愛知県安城市の一級建築士事務所〜