建設地:愛知県岡崎市見合町
2008年8月竣工
構 造
 木造2階建(在来工法)
床面積

 134.51 m2 (40.69坪)

屋 根
 ガルバリウム鋼板瓦棒葺き
外 壁
 ガルバリウム鋼板張り、
 一部、サイディング張り
断熱材
 セルロースファイバー
内装材
 床:無垢パイン材
 天井:シナ合板張り、壁:中霧島壁塗

外壁はガルバリウム鋼板の白を基調とし黒のサイディングで
張り分けてデザインに 変化を 持たせました。

アプローチから庭へと続く 通り土間には木桟を使い隣地からの
視線を遮ると共に通風、採光を確保しモダン和風な装いとしています。

『大人の名古屋 特別増刊号』 掲載物件

● 画像をクリックすると詳細説明が表示されます ●

アプローチから通り土間へ つながり南側庭へと続きます。この通り土間はリビングからも
アクセス出来るので多目的に使えるスペースとなっています。

玄関を入ると正面には、飾り棚ニッチと階段室から光を採り入れる為の
ベネチアンガラスを使った明り窓を配しました。壁面仕上げは、クシ引仕上げとしています。
その結果、アプローチから繋がる和の雰囲気の空間となりました。


北側道路に面している為、建物が南に寄っています。リビングに出来るだけ多くの光を
採り込む為に吹抜けには大きな窓を、設けたました。

リビング奥まで光が差し込み、とても明るく気持ちの良い空間となっています。
薪ストーブが設置されているので、セルローズファイバー断熱材の断熱効果と
相まって暖かさが 長く持続されると思います。

キッチン前面部は、お施主様のコレクションを飾るためのショーケースが
作られています 。天板を ガラス板とし、飾った物が見やすくしてあります。

階段を上がると少し広めのホールが広がります。4.5帖程でしょうか。
子供達が遊べるチャイルドリビング的に使えると思います。

キャットウォークの床面は、リビング部の明るさの確保と通風の妨げとならない様に配慮し
スノコ状としてあります。木製の手摺も同じ理由から この様なデザインとなっています。

2階洋室は、将来2室に仕切られる様に天井高さ目一杯の可動間仕切りを
配しております。吹抜けに面する部屋には、小窓が設けてあり吹抜けからの
光や風を採り入れる事が出来ます。


撮影:大須賀 信一



愛知県安城市の一級建築士 設計事務所

愛知県の設計事務所、「翔・住空間設計」