建設地:愛知県半田市畑田町
2006年7月竣工
構 造
 木造2階建(在来工法)
床面積

 139.54 m2 (42.21坪)

屋 根
 ガルバリウム鋼板瓦棒葺き
外 壁
 ・ガルバリウム鋼板張
 ・サイディング下地 ジョリパッド校倉塗
断熱材
 セルロースファイバー
内装材
 床:無垢ホワイトオーク材(酒樽廃材)
 天井・壁:中霧島壁塗、一部 杉板 シナ合板張

モダン和風の外観とする為に白と黒を基調に外部にも木を多く
使いました。ジョリパッド塗の白い部分が多いので、 真っ白ではなく
トーンを落として クリーム色とし落ち着いた感じの外観としました。

【 施主様家づくりブログこちら

『住まいネット愛知 No6』 掲載物件

●画像をクリックすると拡大します●

カーポートには、透水性の高い建材(シラストントン)を使っています。
玄関は、土間部分を含め大きく取ってあります。テラスにもつながっており
光がどの方向からも入り、とても明るい玄関となりました。

リビング・ダイニングには、12帖広さの吹抜けがあります。リビングからパティオに
つながるので、 吹抜けを通じて採光・通風ともに最高です。
壁材には『中霧島壁』を採用しましたので、湿度を一定に保ち一年を通して
良い住環境を保ってくれます。

浴室には、施主様こだわりの 『青森ヒバ』 を使っているので浴室内が
ヒバの香りで一杯です。浴室床には、タイルではなく浴室用コルクを
採用しています。ですから、寒い冬でも冷たさを感じません。
浴室からは、パティオを眺めて入浴出来るので、ちょっとした露天風呂気分を

味わえるのではないでしょうか?


洗濯機は、隠すようにする為、収納庫を作りました。扉を開けて作業ですと
邪魔になるので扉も収納出来る様にしました。

2階の床材は、コルクシート貼り仕上げとしています。
廊下は、『部屋と部屋を結ぶ道』 といっただけのスペースに なりがちですので、
意味を持たせる為に本棚を設けました。吹抜けの手摺となる部分にも
手摺を兼ねた本棚を設けました。

書斎にも本棚を設けてあります。既存の机に合わせて作りました。
棚の大きさも本に合わせて決めてありますよ。




愛知県安城市の一級建築士 設計事務所
愛知県の設計事務所、「翔・住空間設計」