建設地:愛知県大府市横根町
2008年6月竣工
構 造
 木造2階建(在来工法)
床面積

 201.07 m2 (60.82坪)

屋 根
 ガルバリウム鋼板一文字葺き
外 壁
 サイディング下地 ジョリパッド塗
 一部、ガルバリム鋼板張り
断熱材
 セルロースファイバー
内装材
 床:無垢 紫檀
 天井・壁:中霧島壁塗

外壁はジョリパッドの白を基調としアプローチ部分にガルバリウム鋼板を使いアクセントを
出しました。切妻屋根としましたので、シンプルで飽きの来ないデザインとなりました。

内装は、床に紫檀フローリングを使用しておりそれに合せた落ち着いた色目にしてあります。

お母様が一緒に住まわれる予定で家の中で『離れ』のように分かれています。玄関部分で
平屋部分と棟が変わる様になっており、鍵も付いているので独立した部屋として使えます。


● 画像をクリックすると詳細説明が表示されます ●

アプローチ、玄関の床には御影石が貼られ高級感を出すと共に和の雰囲気が出て
落ち着いた空間になりました。玄関部分の壁は、ヒバ材を使い単一的な壁に
アクセントを付けています。玄関扉も壁に合せ同材で壁に溶け込むようなデザインとしています。

玄関を入ると正面には中庭を配し、空間に広がりを持たせています。大きなFIX窓からは青い空も
見る事が出来ます。ホール右奥には、リビングとの壁にベネチアンガラスをはめ込んであります。
ほのかな優しい光がリビングに入り込みます。斜め天井の吹抜けと相まってとても良い空間となりました。

玄関横には、4帖程のシューズクロークを配しました。こちらからも家に入る事が出来るので
普段の出入りはここからになります。そうする事により玄関が雑にならなくて済みます。
シューズクロークとは別に造作による玄関収納も設けてありますので収納力も十分です。

玄関を入って左側がお母様が使う予定の予備室となり、右側がリビングとなります。

予備室は、独立した部屋ですので洗面も設けてあります。部屋を広く使う為に衣類などしまう
家具も造作しました。トイレは部屋を出てすぐの場所に配し動線を短くする工夫がしてあります。

リビングは 18帖あり、中庭を見る事が出来ます。造作によるテレビ台も配しました。リビング横は
セカンドリビングとなり、急な来客時には仕切って使う事が出来ます。普段は全て開ける事が
出来るのでとても広い空間になります。吹抜けから中庭へ流れる風がとても心地よく気持ちが良いです。


2階ホール 本棚
2階ホール 書斎コーナー
子供室
子供室から見た吹抜
セカンドリビング横には、和室を配しています。床を一段上げる事により空間を分けています。
ダイニングの奥の部分には、奥様専用書斎コーナーも設けてあります。

キッチンには、造作食器棚やキッチンカウンターを配しました。キッチンカウンターには、炊飯器や
ゴミ箱、米びつが収納出きる様になっています。キッチン横には4帖程の食品庫も配しています。

洗面脱衣室は、奥様こだわりの詰まった部分です。家事室を兼ねていますので、大きめに
作ってあります。洗面カウンターが広いのは、ここでアイロン掛け等の作業をする為です。
カウンター部分には、下着やタオル類が収納出来る様になっています。洗面器には
理科室等で使う実験流しを流用しているので とても大きくここで靴等も洗う事が出来ます。

階段を上がってすぐのホールには本棚を作りました。たくさんの本が収納できます。
その一部には、書斎コーナーを配しました。

子供室にはロフトを設けてあります。この部屋だけ、お子様のご意見で竹のフローリングを
使っています。子供室からの窓からセカンドリビングを吹抜けを介して見る事が出来ます。
家族の気配を感じられる間取りになりました。


撮影:大須賀 信一



愛知県安城市の一級建築士 設計事務所

愛知県の設計事務所、「翔・住空間設計」