玄関は家に入って一番最初に目に入る場所、家の顔でもあります。リビングなどのくつろぎ空間はこだわりを持って
計画をされる方が ほとんどですが玄関空間はある程度の大きさが確保できれば 良いと言う方が多いのも事実。

玄関にそれほどの広さを割けないからと諦めていませんか?

工夫次第で魅せる空間を演出できます。

そんな 『こだわりの玄関空間』 をご紹介します。



玄関を入って正面に中庭があり空間に広がりを持たせています。中庭は和風な植栽を施し来客者の目を引き付けます。
ホール部分は吹抜けとなっており、更に空間を明るく広くします。

左の部分はシューズクロークとなりますが 一般的には扉などを付けて閉じる事が多いのですが
こちらの物件は 扉等は設けず オープンタイプの魅せるウォークインクロークとなります。

仕切る壁も透過性のあるアクリル板を使い、明るさを確保するのと意匠性を考え計画しました。




シューズクロークは玄関から丸見えですので 玄関収納(下足入)は壁色に合わせて白色の扉付とし
壁の一部に見える様に造り付けました。普段はこちらのシューズクロークを使えば玄関に靴が出たままにならずに済みます。

玄関框(かまち)を湾曲させ意匠的にも変化を持たせた こだわりの魅せる玄関空間となりました。





こちらの玄関もホールに吹抜けを設けています。正面に中庭を設けており隣地には建物が無く
吹抜け上部にも窓を設けていますので 空が見え空間がとても広がりました。

中庭のフロアラインを上げ室内のフロアラインに近づけて中庭との一体感を出し空間に広がりを持たせています。





こちらの物件は少し変則的な位置に中庭があります。玄関扉は写真左側になり家に入った時には
中庭は正面になりませんが 室内に上がる時に正面に中庭が広がります。

こちらの中庭は 『魅せる中庭』 ではなく デッキを敷いて室内より出入りが出来る 『使える中庭』 となっています。
中庭からの光を効率よく採り込めるようにと意匠性を高める為に階段は鉄製で作りました。これも魅せる工夫です。

とてもおしゃれで感じの良い玄関空間になったと思います。



広いスペースを確保しなければ 『こだわりの玄関空間』 が出来ない訳ではありません。
一般的な広さの玄関でも平面プランと工夫次第でコストを掛けずに とても良い魅せる空間にする事は可能です。



玄関ホールは 部屋に囲まれて暗くなりがちですが 正面に見せる庭を設けける事により光を採り込めて
とても明るく魅せる空間に出来ます。こちらも先程の物件同様に光を効率よく採りこめるように階段の一部を
鉄製の
オリジナルな階段して意匠性を高めています。





こちらは北側玄関ですが中庭を設けて そちらから光を採りこんでいます。中庭に植栽を施していますので
四季を感じる事が出来ます。入って正面にある中庭に比べるとインパクトは劣りますが 魅せる玄関ホールには違いありません。

この中庭はリビングとアプローチに面したちょっと変わった中庭になっていますのでこの様な中庭の配置になっています。
これもお客様のこだわりで お話をお聞きして計画しご提案させていただきました。


ちょっと変わった玄関もあります。



車いす用のスロープを設けた玄関です。建物の中心に玄関配置になりますので正面に廊下が伸びます。
正面の壁には丸みを付けて空間に柔らかさと広がりを持たせています。中庭だけが 魅せる玄関をつくる要素ではありません。

工夫次第ではどんな玄関スペースでも魅せる玄関スペースを作る事は可能ですので
気になる方はお気軽にお問合せ下さいね。



| Top | こだわりの家づくり | 良家づくり | 設計から完成まで | 設計実例 | 間取りの考え方 | お問合せ | BLOG |


愛知県安城市の一級建築士 設計事務所

愛知県の設計事務所、「翔・住空間設計」