キッチンは毎日家族が集まる空間です。そんな こだわりのキッチンをご紹介します。



システムキッチンは 部屋の雰囲気を損なわないように家具調であるトーヨーキッチンの商品を採用しました。

キッチン横には書斎コーナーを設けてあり その部分に大きな窓を配していますので光と風をしっかり採り入れる事ができ
暗くなりがちなキッチンを気持ちの良い空間にしています。2階リビングのキッチンですので眺望も抜群です。

キッチンとは ちょっと違いますがダイニング部分にはリビングからも見える位置に熱帯魚の水槽を配しています。
水槽の下の収納には 水替え用の水栓と排水口を設けています。部屋の一部に水槽があるだけで癒されます。




キッチン背面の壁一面に造り付けの食器棚を設けました。キッチンの色目に合わせてつくってあります。
中段部分には家電が並べられるようにしてあり一部、カウンターで作業が出来るようにタイルが貼り込まれています。

ゴミ箱を置くスペースも確保してあります。この部分には生ゴミの嫌な臭いが出た時に備え、換気扇を備えました。
引き出し内の高さもお客様の食器や調理具に合わせて作ってあります。

お客様と打ち合わせを重ねてつくり上げた食器棚ですので使い勝手は とても良いです。




【 もう一つのキッチンのご紹介 】



こちらのキッチンは システムキッチンではなく 全てオリジナルで造り上げたキッチンです。
シンク部分とコンロ部分を分けたアイランド型キッチンでカウンターは人造大理石を使っています。

コンロ部分に換気扇が2基付いていますが 1つはガスコンロ用でもう一つは業務用の魚焼き器を
使うのでそれ用に付いています。コンロ面の壁は全てタイルが貼ってあります。




シンクも特別にあつらえた大型シンクを採用しました。水栓も2つ設け大人2人並んで作業が可能です。
水栓の開閉は手元はもちろん、フットスイッチも採用しています。




シンクカウンターの端(テーブル側)には 焼き肉店にある煙の出ない無煙ロースターを使っています。キッチン内に換気扇がおさまり
床下を通り排気されていますので 使用時に煙で汚れる事はなく室内はクリーンに保たれます。この無煙ロースターは鍋料理にも
使えます。無煙ロースターを使わない時はフタをしておけてフラットになりカウンターとして使えます。




キッチン食器棚もオリジナルで作りました。一番下の引き出し収納内に開閉できるフタを設け、上部の吊戸棚にある食器を
取り出すための踏み台となります。もちろんストッパー付ですので安全安心です。


この様に キッチンもお客様によって様々です。
ご要望にそったこだわりのキッチンを最高な形でご提案します!



| Top | こだわりの家づくり | 良家づくり | 設計から完成まで | 設計実例 | 間取りの考え方 | お問合せ | BLOG |


愛知県安城市の一級建築士 設計事務所

愛知県の設計事務所、「翔・住空間設計」