2世帯住宅でお父様と息子様の共通の趣味である映画観賞用のオーディオルームを計画しました。

このオーディオルームをメインに家づくりを開始し1階は親世帯で2階が子世帯となり 両世帯から使える位置で大音量での音の影響が
最も少ない位置に配しました。オーディオルームの計画には、オーディオの専門業者とも打ち合わせをし 本格的なオーディオルームとなりました。



音による振動低減の為、床・壁・天井下地は2重張りとし 取り付けは釘、ビスと共に全て接着貼りとしてます。

出入口扉は、マグネット式の防音扉で窓サッシは2重サッシとしています。床には吸音させる為、タイルカーペットを敷き込み
棚は、CD、DVD、LD等のメディアに合わせて造り付けてあります。

電気配線は、アンプにノイズが入らないように住宅とは別回路としています。コンセントやスイッチは壁内に埋め込まず全て現しとなっています。
床下、天井内、壁内には セルローズファイバーを吹き込んであり吸音、防音材 としています。




スクリーンは100インチ。スピーカーも本格的です。



換気扇も全て防音仕様。カーテンも分厚い暗幕でシャッターを閉まれば少しの光も通さないミニ映画館。
天井には大きなプロジェクターを取り付けられるように しっかりと下地補強がされています。

完成後にこちらのオーディオルームで映画鑑賞させていただきましたが 映像と音も素晴らしく本格的でした。

こだわりにこだわったオーディオルームとなりました。



| Top | こだわりの家づくり | 良家づくり | 設計から完成まで | 設計実例 | 間取りの考え方 | お問合せ | BLOG |


愛知県安城市の一級建築士 設計事務所

愛知県の設計事務所、「翔・住空間設計」