家づくりに必要な費用には どんな種類があり どの位お金が必要なのでしょう?
家づくりを始める時に一番分からない事項かと思います。

家をつくるには 【家】が建つだけの本体工事費だけではなく、様々な諸費用が掛かってきます。

以下に、木造住宅を建築する際に掛かる費用を簡単にまとめましたので 参考にして下さい。

【家づくりに必要な費用】

家づくりに必要な費用には、建築工事費と諸費用があります。

 ◆建築工事費◆  工務店などの工事会社や設計事務所に支払う費用。
              本体工事費と別途工事費設計監理料の3種類に分けられます。


  ◆ 諸費用 ◆   家づくりにかかる税金やローン関係費、引越し費用や建築工事費に含まれない各種費用。

●別途工事費の概要●
既存建物 解体費
新規に土地を購入される場合は、必要ありませんが、建替えの場合などは必要です。木造住宅の場合、坪あたり4万円〜を見ておく必要があります。
地盤調査費
木造住宅では、スウェーデン式サウンディング試験を採用します。5ヶ所調査で約5万円程です。
地盤改良工事費
地盤調査後、地盤に一定以上の強度がない場合、地盤改良工事が必要になります。地盤の状況、建物の規模にもよりますが、工事費は約30〜80万円位です。
測量費
敷地に境界杭がない場合は必要になります。1平方メートルあたり約500円程です。新規に土地を購入され測量図等がある場合は必要ありません。
屋外給排水引込工事費
建物外部の配管工事です。上下水道申請料、引込手数料は市町村により異なりますが約20万円〜50万円程です。
外構工事費
工事内容により、約100万円〜位。(敷地の大きさ、程度により変動します。)

●諸費用の概要●
近隣挨拶・地鎮祭
近隣への挨拶の手土産代等。
地鎮祭費用:神主さんへのお礼。約3万円〜。
上棟式の費用
最近では行わない方がほとんどですが、大工さんなどへのご祝儀(5千円程度)や弁当や酒代(手土産)分は、見ておいた方が良さそうです。
引越し費用
新居への引越し代。
※建替えの場合
仮住まい費用、滅失登記費用(約5万円〜)、引越し費用が必要になります。
登記費用
建物表示・保存登記の費用。約15万円〜
ローン関係費
ローン手続きに必要な手数料や保険料。公庫を使うか銀行を使うかで費用は異なります。

●税金 関係●
印紙税
建築会社や設計事務所との契約書や、銀行から融資を受ける場合の『金銭消費貸借契約書』の作成時にかかる税金です。契約金額により印紙税額は異なります。
不動産取得税
不動産を取得した時、掛かる税金です。
新築住宅の床面積が50〜240平方メートルの場合:(評価額-1200万円)×3%
固定資産税
毎年1回土地、建物に掛かる税金です。
(建物・土地共 評価額)×1.4%
都市計画税
毎年1回、都市計画法上の市街化区域内にある土地、建物について固定資産税と同様にかかる税金です。(建物・土地共 評価額)×0.3%

以上は、あくまでも目安ですので 参考程度にお考え下さい。



愛知県安城市の一級建築士 設計事務所
愛知県の設計事務所、「翔・住空間設計」